« 気づけば明後日! | トップページ | 愛しの晴一さま »

とっても いいお話

あのね、私ハウステンボスってテーマパークの会員なのね。
ファミリエっていって。 何年も前からなんだけど。
長崎県にあるんだけど。 
高速使って1時間程度の程よい距離感で。
で、いつも入り浸ってるのね。
サウンドオブミュージックで育ったって言っても過言じゃないから
ちょーお気楽海外旅行みたいな、非日常へのトリップ感覚で。
あんま知り合いに会わないし、
美味しいお料理堪能できるし、
いつも趣向を凝らして楽しませてくれるし、
街並もさることながら、季節ごとの花も見事だし、
ホテルヨーロッパをはじめ他のホテルのサービスも最高で、
アンカーズラウンジでお昼寝するのも大好きだし。
だから贔屓目で言ってるんじゃないんだよ。

こないだね、また行ってたの、
今回は花火とゴッホ展がお目当てで。

でね、すっごくおいしいパンチェッタ1000円のがタイムセールで安くなってたの。
マルシェ・ド・パラディの中のグランシェフのね。
いつもチーズやらなんやらと一緒に買って帰るんだけど、800円になってたの。
ちょっと賞味期限が短かったからだと思うけど。ラッキー!ってね。
でね、お預かりサービスを利用して「後から取りに来ます!」って預けてたのね、
すっごく暑い日だったし。帰るの次の日だったし。

そしたら、取りに行くの忘れて帰っちゃって。
・・・・・・
思い出したのは家に着いてからで (ノ_-。)
で、ダメ元で電話してみたの。
そしたら、送ってくださるってことだったけど、
チルドで送らなきゃだから箱代とか合わせて着払いで送料が1000円くらいかかりますって。
ふえ~ん、中身より送料かかっちゃうのかあ・・・
「どうせまた行くことだし」って思ってね、「残念ですけどそちらで処分してください」ってお願いしたの、完全にこっちのミスだからね。
今回も、オリンピック観戦しながらのフローズンビールに夜の花火にゴッホ展に・・・って大満足の2日間だっただけに 泣く泣くね。

そしたら、
係の方が、「それは非常に残念です」って。
で、「せっかく楽しい思い出を作ってくださったでしょうに。」って。
で、「私がどうにかします!」って。
もちろん私がファミリエだとかはご存知ないんですけど。

で、いろいろと問答(内容は教えられません)がありまして。
ーー結論は。

次の日の夜にはうちに届いていました。
しかも○○さんのお手紙付きで。
しかも、「賞味期限が短かったので替えておきました」って。
しかも、ソーセージのおまけの付きで!!!

ナツキは泣きましたよ。
心からジーンときました。
「絶対に言わないでくださいね」って念押しされたけど。
なんかディズニーランド伝説のようでしょう?

感動して、
次の週にまた行く予定を入れてお礼を!と思っていたのですが、
やっぱりそうそうは行けなくて。

で、お礼の手紙を書こうと思ってパソコンに向かったのですが、
なかなかこの感動(感謝)の気持ちを表すいい言葉が思い浮かびません。
で、悩んでるうちにこの文章を書いているのですが、

ところで、
この記事って、上げてもいいものでしょうか? 沢田秀雄会長様。

|

« 気づけば明後日! | トップページ | 愛しの晴一さま »

日常」カテゴリの記事

コメント

タイトルでハードルを上げたにも関わらず、「とってもいいお話」でした!!笑
いや〜、なんか、接客の鑑ですよね。きっとその方は、ハウステンボスが大好きで、誇りを持っとって、なによりその方の心の暖かさが伝わってきます。
私も反省して、お客さんとケンカしんよぉにしなあかん…(×_×)
 
てかこれ、記事にしてまって良かったんですか??笑

投稿: そら | 2012年8月 7日 (火) 09時01分

そうなんよ。
まず、この記事自体を上げていいのかってこと。
問題ですよね?←
でも、タイトル通り、いいお話でしょう?
で、まだお手紙書けていないナツキを叱ってください。
ハウステンボス大好きで、いつも癒されています。
上記以外にも、すぐそばでクラシックの生演奏聞けたり、アレキサンダー広場では毎回ミュージカルやアトラクションが楽しめたり。
催しものもバラ祭やサンヴァンサン祭りにガーデニングワールドカップ、光の王国・・・言い尽くせません!
雰囲気全てが好きなんですよね~。

で、お手紙、なんて書こうかなあ・・・。

投稿: ナツキ | 2012年8月 7日 (火) 19時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1041768/46601248

この記事へのトラックバック一覧です: とっても いいお話:

« 気づけば明後日! | トップページ | 愛しの晴一さま »